所有機材一覧

2023年10月15日

現在、演奏会の録画・録音・ライブ配信で使用している機材を記載する。

マイク

所有するマイクの一覧は下記の記事にまとめた。

現在、メインのマイクはAKG C414 XLIIを使用している。

会場に吊りマイクなどがあれば、ミキサーに吊りマイクの信号を入力して映像に載せている。

カメラ

所有しているカメラの一覧は下記の記事にまとめた。

レンズを共有できる点を重視し、マイクロフォーサーズ規格のミラーレス一眼カメラで揃えている。

ミキサー

Soundcraft Ui24R

ipad等でワイヤレスで操作できるミキサー。ミキサーから離れて、音の調整をしてみたくなったので購入。

機能は使い切れないほど充実している。

created by Rinker
Soundcraft
¥170,450 (2024/06/19 12:01:43時点 Amazon調べ-詳細)

Zoom LiveTrak L-12

持ち運びが容易なデジタルミキサー。

元々持っていたZoom LiveTrak L-8はファンタム電源が6ch一括でしかON/OFFできない点や、コンプレッサー機能が無かったため、私の使い方ではちょっと使いにくかった。

L-12は、ファンタ無電源が4ch毎にON/OFF出来るし、簡易コンプレッサーも持っている。インターフェースもL-8とほとんど変わらないので、ステップアップにはちょうど良かった。

持ち運ぶため、ケースも同時に購入している。

created by Rinker
ZOOM(ズーム)
¥7,275 (2024/06/19 22:04:42時点 Amazon調べ-詳細)

Zoom LiveTrak L-8(処分済み)

持ち運びが容易いデジタルミキサー。現在私が持っているマイクの構成ならば、十分対応できる機能を持っている。電池のみでの駆動も可能で、汎用性が高い。

ビデオスイッチャー

Atem mini Extreme ISO

8つのカメラを切り替えながら、単品で録画・配信が出来るビデオスイッチャー。

Atem miniシリーズでも名前に「ISO」が付くものは、カメラの全データを一緒に保管してくれるので後の編集が圧倒的に楽。現在メインで使っている。

Atem miniシリーズの上位機種。音楽の録音・録画をするのならば、機能的にはこれが一番まとまっているように思う。

8カメはさすがに使い切れないが、Audio outがあるのがAtem mini Extremeシリーズのみなので、汎用性を考えると、これ一択なのではないだろうか。

Atem mini Pro

4つのカメラを切り替えながら、単体で配信・録画が可能な多機能ビデオスイッチャー。

音楽の録音・録画に使用するには物足りない面(別途記事にまとめる)

created by Rinker
Blackmagic Design
¥46,152 (2024/06/19 06:36:13時点 Amazon調べ-詳細)

これから買うのであれば、Atem mini Pro ISOをお勧めする。

まとめ

最低限1人で作業できるように、機材を揃えていっている。

ライブ・演奏会の映像・音声の強化のお手伝いが出来ればと考えている。